妊娠線予防サイト-予防しよう!その1



sponsored link

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。


























sponsored link



1の項、「太らない」
太らないといっても赤ちゃんに栄養を届ける為には、どうしてもある程度の余分な蓄えがないといけませんので、ここでの意味は「ムダに」を付け加えましょう。脂肪が多いとその分だけ皮膚がより大きく伸びないといけないので、妊娠線が出来やすいというわけです。
元々妊娠中の肥満は、出産時にも相応の負担がかかり母子共に危険です。普段から気をつけるようにしましょう。

2の項、「保湿」
水分を十分に含んでいる潤った土地と、カサカサの干上がった土地を思い浮かべてください。カサカサで干上がった方がひび割れたイメージを簡単に想像出来ると思います。人間の皮膚も同じで、乾燥していればしている程ひび割れしやすい状況になってきます。妊娠線は皮膚組織が亀裂した傷跡ですので、これと似たような状況なのです。冬場などは乾燥しやすい時期ですから、特に注意が必要となるでしょう。
妊娠線専用のクリームというのが市販されていますので、自分のお肌に合った保湿効果の十分あるものを選びながら、入念にお手入れをしていきたいものです。


sponsored link


予防しよう!その2
妊娠線予防サイトTOPへ戻る


copyright©2009  妊娠線予防サイト  All Rights Reserved