妊娠線予防サイト-妊娠線ってなに?



sponsored link

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。


























sponsored link



妊娠線とは、皮膚が伸びる限界を超えて亀裂を起こした傷痕のことを言います。出来始めは赤紫色から赤茶色に変化していき、この状態を新妊娠線と言います。産後しばらくすると半透明な白色になり、これを旧妊娠線と言います。触ると若干凹んでいて、紙を引きちぎったような形状をしています。

独自に調査した結果、出産した女性の約85%が「妊娠線が出来た」とのこと。さらにその中でも「治らなかった」人は約98%、「今でも気になる」人が約70%と、大勢の人が妊娠線を作ってしまい、今でも体に残してしまっています。特に肌の露出が多い水着を着たりする機会には、目立たないか気になって仕方がないという声が多いようです。

妊娠線の厄介な特徴として、一度出来てしまったらそのほとんどが治らないことにあります。時間が経って目立たなくなったり、アフターケアで見えにくくすることはできても、お手入れを何もしていなければ消えるということは間違いなく無いでしょう。
妊娠線は出来てからというよりも、出来る前に予防対策をしっかりしておく方が賢明です。


sponsored link


妊娠線はどうして出来るの?
妊娠線予防サイトTOPへ戻る


copyright©2009  妊娠線予防サイト  All Rights Reserved