妊娠線予防サイト-妊娠中の肌の変化って?



sponsored link

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。


























sponsored link



妊娠すると毛深くなったりカサついたりと、お肌の性質が変わる人も居ます。急にカサつくと痒みが激しくなって、中には皮膚炎にかかってしまう方も居るようです。

これは妊娠におけるホルモンバランスの異常が引き起こすとされていて、妊娠性痒疹と言います。これには早期型と後期型とがあり、少し特徴が違います。
早期型は、初産婦よりも経産婦の妊娠後によく見られ、発疹を起こします。
後期型は、初産婦の妊娠8ヶ月以降に起こりやすいようで、発疹も痒みもひどい状態になる可能性があります。妊娠中に赤いブツブツが出来てきたら病院へ行きましょう。

もともとが敏感肌や乾燥肌の人、さらにアトピー性皮膚炎の方は妊娠性痒疹になりやすいと言われていて、妊娠中は特に注意してください。

痒みを止めるにはお薬もありますが、妊娠中は出来るだけ服用を避けたい所です。個人的には意識を痒みから逸らすのも手段の一つだとは思いますが、根本的に解決するわけではなくなかなか収まることはないでしょう。体をきれいに保って、お肌にフィットする下着を選ぶようにしましょう。


sponsored link


予防しよう!その1
妊娠線予防サイトTOPへ戻る


copyright©2009  妊娠線予防サイト  All Rights Reserved