妊娠線予防サイト-妊娠線はどうして出来るの?



sponsored link

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。


























sponsored link



妊娠するとお腹には赤ちゃんが宿ります。日を追う毎に赤ちゃんはお腹の中でどんどん成長していきます。母親も赤ちゃんの成長と共に体の各部位が対応するため、変化していきます。特に下腹部は出産前になると大きく膨らむので、皮膚も大きく伸びる時期です。

皮膚は表面から表皮・真皮・皮下組織と3段階になっていて、その下は脂肪組織になります。真皮と皮下組織は急速な伸縮に耐えられる機能がありません。赤ちゃんが大きくなるにつれ皮膚も急速に引っ張られて、ついには耐えれらなくなってしまい亀裂を生じてしまうのです。亀裂を起こした場所は表皮のすぐ下が脂肪組織になり、同時に毛細血管が浮き彫りになっているので赤紫色に見えます。こうした要因で、妊娠線は出来てしまうわけです。

さらに下腹部以外にも乳房・お尻・太もも・ふくらはぎ等、至る所で妊娠線は起こり得ます。皮膚が乾燥したり、伸びるときに生じるかゆみが原因で引っ掻いてしまった時にも、妊娠線は起きてしまいます。妊娠していなくても、急速に太った場合も同じようなことが起きます。


sponsored link


妊娠線が出来やすい人って?
妊娠線予防サイトTOPへ戻る


copyright©2009  妊娠線予防サイト  All Rights Reserved