妊娠線予防サイト-妊娠線が出来やすい人って?



sponsored link

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。


























sponsored link



出来て欲しくない妊娠線。出来やすい人を知れば、おのずと予防法に繋がります。
自分と照らし合わせながらチェックしていきましょう。

まずは「妊娠前から太っている」人です。脂肪組織が多いと、皮膚はその分大幅に伸びないといけないので、裂ける可能性が高まり妊娠線が出来やすくなります。特に出産時の体力消耗も大きくなり、母子共に非常に危険ですので、過度の肥満は禁物です。出来ることなら妊娠前から太らないよう心がけるのが理想ですが、妊娠してからでも遅くはありませんので、無理をしない程度で健康的なダイエットを目指しましょう。
次に「栄養不足」な人です。栄養が不十分だと、肌が弱くなり乾燥して皮膚が裂けやすい状態になります。
また「2度目以上の妊娠」の人も当てはまります。経産婦という言い方もします。一度出産を経験した子宮は伸びやすくなっているので、これも出来やすい状況と言えます。
さらに「双子以上妊娠」している人も、多胎と呼び一人だけの単胎よりもお腹が大きくなりやすいので、可能性は大きく高まります。

こんな方は、よくよく注意が必要ですので早い段階で予防とケアを行っていきましょう。


sponsored link


妊娠線が出来る時期は?
妊娠線予防サイトTOPへ戻る


copyright©2009  妊娠線予防サイト  All Rights Reserved